グローバル・ガバナンス学会の概要

「グローバル・ガバナンス学会」は、2012年3月に創設された学術団体です。安全保障、金融、開発、地球環境、人権、健康など、多様な分野において国境を越える課題が生じ、それらに対応して国際秩序や国際規範が成立、変化しつつあります。「グ ローバル・ガバナンス学会」では、こうした今日および過去の現象に関して、国際政治論、国際経済学、国際社会学、政治学、行政学などに基づく学際的研究の推進、研究成果の報告と会員間の交流を展開しています。

  • 入会の手続き 会費は一般会員5000円、学生会員(大学院生、PD等)2500円
    入会申込はこちらから

グローバル・ガバナンス学会の主な活動

1.研究大会の開催

年に2度の研究大会(春期および秋期)を開催し、会員が先端的な学術的研究の成果を発表し、議論を行います。共通論題では毎年の特に重要なテーマについて研究を報告し、会員全体で議論します。また部会では、専門的なテーマ毎に会員が研究成果を報告し、討議します。若手会員を中心に自由に研究を発表する自由論題のセッションも開催し、研究上の対話と交流を行います。

2.学会誌『グローバル・ガバナンス』の刊行

グローバル・ガバナンス学会の機関誌として『グローバル・ガバナンス』を刊行しています。グローバル・ガバナンスの概念と理論の検討はもとより、安全保障、地球環境、開発、貧困など、国境を越える多様な課題や人類共通の問題への対応、国際秩序や国際規範の展開、それらをめぐる国際機関や各国の政府、自治体、企業、NGO、市民団体などの動向に関する実証的、理論的な論文を掲載しています。 会員は『グローバル・ガバナンス』に随時投稿でき、適切な査読を通じて掲載を決定しています。

  • 過去の『グローバル・ガバナンス』
     第2号まで発刊されています。
     バックナンバーはこちらをご覧ください。
  • 学会誌編集規則、投稿規程・執筆要領はこちらから

3.その他の活動

グローバル・ガバナンス学会では、国内外の関連学会・団体と研究交流を行い、研究大会を共催し、国際シンポジウムなどを開催しています。

・『グローバル・ガバナンス学会ニューズレター』

第1号から第7号まで発行されています。ニューズレターには、(1)研究大会の各部会・共通論題の内容紹介、(2)理事会の議事録、(3)各委員会からの案内、(4)新入会員の紹介、などの情報が掲載されています。

バックナンバーはこちらをご覧ください。

ニューズレター最新号(第7号)を発行・掲載致しました。上記バックナンバーのページからご覧いただけます。