ワークショップ 「地域から読み解く保護する責任—受容・反発・対案・無視—」

ワークショップ【延期となりました】
「地域から読み解く保護する責任—受容・反発・対案・無視—」

日時:2020年3月2日(月)13時〜17時30分【延期となりました】
場所:東京大学駒場キャンパス  18号館4階コラボレーションルーム2
アクセス: https://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_17_j.html
お問合せ先:r2pnetwork@gmail.com
お申込み不要・無料

【趣旨説明 13:00〜13:10】
中内政貴(大阪大学)

【セッション1 非欧米における保護する責任 13:10〜15:10】
井上実佳(東洋学園大学)「アフリカと保護する責任」
宮下大夢(早稲田大学)「アジア太平洋と保護する責任」
西海洋志(聖学院大学)「ラテンアメリカと保護する責任」

【セッション2  欧米における保護する責任 15:30〜17:30】
中内政貴(大阪大学)「EUと保護する責任」
小松志朗(山梨大学)「英仏と保護する責任」
中村長史(東京大学)「米国と保護する責任」

討論者
松隈潤(東京外国語大学)
吉崎知典(防衛研究所)

*本ワークショップは、野村財団2019年度研究助成「国際規範に対する受容・反発・対案の
政治学的分析—『保護する責任』概念を事例として」(研究代表者:中内政貴)による研究
成果の一部です。
*また、『資料で読み解く「保護する責任」—関連文書の抄訳と解説—』(中内政貴、高澤洋志、中村長史、大庭弘継編 大阪大学出版会、2017年 http://hdl.handle.net/11094/67203)の内容を踏まえて更に議論を深めることを目指すものです。