「『保護する責任』の15年と日本:共有する人道危機に取り組む」大阪大学大学院国際公共政策研究科・稲盛財団寄付講座「グローバ ルな公共倫理とソーシャル・イノベーション」

グローバル・ガバナンス学会会員各位

大阪大学大学院国際公共政策研究科・稲盛財団寄付講座「グローバ ルな公共倫理とソーシャル・イノベーション」は、下記のとおり「 保護する責任」についてのシンポジウムを開催いたしますのでご案 内申し上げます。
報告のタイトルが確定していない状況ではございますが、シンポジ ウム開催日は年初の慌ただしい時期であるため、まずは確定してい る日程と登壇者について、広報させていただく次第です。皆様のご 参加をお待ちしております。
                             大阪大学 中内政貴

■テーマ:「『保護する責任』の15年と日本:共有する人道危機 に取り組む」
■主催:大阪大学国際公共政策研究科稲盛財団寄付講座
              「グローバ ルな公共倫理とソー  シャル・イノベーション」

■日時:2017年1月15日(日)13:00~17:30
■場所:大阪大学中之島センター10階  佐治敬三メモリアルホール
                (https://www.on c.osaka-u.ac.jp/index.php

■趣旨:2001年12月に「保護する責任」が提言されてから1 5年が過ぎた。この間、国際           
    社会では議論が吹き荒れたが、 日本では、人道危機も難民問題もまして人道的 
    介入も、「 遠い世界の出来事」であり、決して多くは語られてこなかった。 だ
    がその一方で、間違いなく、 この世界の人道危機は我々共有の危機である。実
    際、様々な立場か ら、この危機と向き合ってきた日本人も存在する。本シンポ
    ジウム では、「保護する責任」概念の発展に大きく貢献した、E・ラック 元保
    護する責任担当国連事務総長特別顧問をお招きし、日本の研究者・実務家との
    議論を通して、日本も共有する危機への取り組みに ついて考える。

■シンポジウム概要:
2017年1月15日(日)13:00~17:30(総合司会: 中内政貴(大阪大学))
・基調講演 エドワード・ラック
    (コロンビア大学教授、元「保護する責任」に 関する国連事務総長特別顧問)
・若手研究者・実務家報告(司会:千知岩正継(北九州市立大学) )              
           政所大輔(神戸大学)
                      牧秀崇(JICS)
                      中村長史(東京大学)
・パネルディスカッション(司会:星野俊也(大阪大学教授))
                      エドワード・ラック(コロンビア大学教授)
                      長有紀枝(立教大学教授)
                      吉崎知典(防衛研究所特別研究官)
                      東大作(上智大学准教授)
・『資料で読み解く保護する責任』の紹介(大庭弘継(京都大学研究員))

お問い合わせ先
中内政貴(大阪大学大学院国際公共政策研究科・准教授)
nakauchi@osipp.osaka-u.ac.jp
(@を半角にしてください)