オンライン講演会 「デジタル空間を通じた選挙介入の意図と手法:米国・欧州・台湾の選挙から」 開催のお知らせ

オンライン講演会
「デジタル空間を通じた選挙介入の意図と手法:米国・欧州・台湾の選挙から」
開催のお知らせ

本文

名古屋大学情報学研究科附属グローバルメディア研究センターは、第6回ザ・プロフェッショナル・レクチャーとして、以下の通りオンライン講演会を開催いたします。

日時:2020年11月19日(木) 15:00-17:00

場所:Zoomウェビナーを用いたオンラインでの開催

講演者:川口貴久 東京海上日動リスクコンサルティング上級主任研究員(サイバー・セキュリティ)

タイトル:デジタル空間を通じた選挙介入の 意図と手法 米国・欧州・台湾の選挙から

討論者:笹原和俊 東京工業大学環境・社会理工学院准教授 (計算社会科学)
                 唐沢 穣 名古屋大学情報学研究科教授 (社会心理学)

司会・討論者:中村登志哉 名古屋大学情報学研究科教授・本研究センター長(国際関係論)

事前登録が必要です。参加をご希望の方は、2020年11月18日15:00までに、ご氏名・ご所属・メールアドレスを、下記のURLのリンク先にご登録ください。先着500名までとなります。

https://forms.gle/CahqE8dcp818HT9P8

主催:名古屋大学大学院情報学研究科附属グローバルメディア研究センター

助成:科研費基盤研究(A)「ポストトゥルースの時代における新しい情報リテラシーの学際的探求」(課題番号19H00518)

お問い合わせ先:グローバルメディア研究センター事務局 gmrc@i.nagoya-u.ac.jp

カテゴリー: 会員からのおしらせ パーマリンク