Tsukuba Global Science Week 2020 Session 6-2 「憲法はいかにCOVID-19に対応できるか?」

Tsukuba Global Science Week 2020 Session 6-2
「憲法はいかにCOVID-19に対応できるか?」
セッションウェブサイト:https://tgsw.tsukuba.ac.jp/update/session/395/
 
COVID-19の感染拡大を受け、各国は憲法に基づき様々な緊急対策を講じている。従来、憲法規範においては、個人の自由が優先されてきた。しかしながら、COVID-19の緊急対策は、公衆衛生ならびに公共の福祉を優先し、個人の自由を制限する傾向にある。先述の点は、未曾有の状況下で、憲法のいずれの規範を優先すべきか再考する必要性を示している。以上を踏まえ、本セッションは、フランス、スイス、アメリカ合衆国、日本の専門家をまじえ、学際的な見地から新たな憲法の立法の可能性及び解釈を探る。
 
日時:2020年9月29日(火)14:30-18:00
形式:オンライン(要事前登録・参加費無料)
言語:英語(英日同時通訳有)
 
「COVID-19に直面するフランス憲法:いかに例外が常態化させられるか」
マリー=ロール・バジリエン=ゲンシュ(リヨン第三大学教授)
 
「COVID-19とスイス憲法」
ヴェロニク・ボワイエ(ローザンヌ大学准教授)
 
「COVID-19とアメリカ合衆国憲法」
ジェフリー・ミラー(欧州大学院 欧州法学術院 プロジェクトマネージャー)
 
「COVID-19と日本国憲法」
秋山肇(筑波大学助教)
 
討論者
比較法:ジョエル・グローガン(ミドルセックス大学上級講師)
公衆衛生:我妻ゆき子(筑波大学教授)
政治学:ジョージオ・シャーニー(国際基督教大学教授)
 
・登録等の詳細はセッションウェブサイトに8月下旬掲載予定。
・登録締切:2020年9月23日
・登録開始時の通知をご希望の方は、以下のお問い合わせ先まで、タイトルを「TGSW Session 6-2 Notification」として、メールをご送信ください。
・本セッションは「筑波⼤学新型コロナウイルス緊急対策に関する研究⽀援プログラム」の助成を受けています。
・お問い合わせ先:akiyama.hajime.gp(at)u.tsukuba.ac.jp((at)を@に変えてください。)
 
Tsukuba Global Science Week 2020 Session 6-2
 “How Can Constitutions Deal with COVID-19?”
 
In 2020, states are taking emergency measures to deal with the outbreak of the COVID-19. Civil liberties are typically prioritised in the constitutional norm. However, public health and public welfare tend to be prioritised in emergency measures to combat the COVID-19, and civil liberties tend to be limited. It is crucial to rethink which constitutional norm should be prioritised in this unprecedented situation. Based on this background, this session examines the cases in France, Switzerland, the United States and Japan, and explores the possibility of legislation and interpretation of constitutional laws from multidisciplinary perspectives.
 
Date: September, 29 2020 (Tue.)
Time: 14:30-18:00 (JST), 1:30-5:00 (EDT), 7:30-11:00 (CET)
Style: Online (Pre-registration required, no participation fee)
Language: English (English-Japanese simultaneous translation provided)
 
“The French Constitution facing COVID-19 crisis: How the exceptional is made normal”
Marie-Laure Basilien-Gainche (Professor, Jean Moulin Lyon 3 University)
 
“COVID-19 and the Swiss Constitution”
Véronique Boillet (Associate Professor, University of Lausanne)
 
“COVID-19 and the US Constitution”
Jeffrey Miller (Project Manager, Academy of European Law, European University Institute)
 
“COVID-19 and the Japanese Constitution”
Hajime Akiyama (Assistant Professor, University of Tsukuba)
 
Discussants:
Comparative Law: Joelle Grogan (Senior Lecturer in Law, Middlesex University London)
Public Health: Yukiko Wagatsuma (Professor, University of Tsukuba)
Politics: Giorgio Shani (Professor, International Christian University)
 
– Details including registration method will be announced on the website of the session at the end of August.
– Registration Deadline: September 23, 2020 (JST).
– If you wish to receive notification when the registration begins, send an email to the following email address with the title “TGSW Session 6-2 Notification”.
– This session is partly supported by Research Support Program to Tackle COVID-19 Related Emergency Problems, University of Tsukuba.
– Contact: akiyama.hajime.gp(at)u.tsukuba.ac.jp (Replace (at) with @.)
カテゴリー: 会員からのおしらせ パーマリンク